自然科学書を中心に、医学・理工学・建築・農学書等を含む
専門書籍の電子書籍販売サイトです。


立ち読み

立ち読み PDF

放射線の遺伝影響

1,836円(税込)



書誌情報

ISBN-10:  
ISBN-13: 978-4-7853-8787-7
その他管理用ID/Code:  
出版社: 裳華房
著者名: 安田徳一
所属:  
巻号:  
発行日: 2014-07-29
ページ数: 193


[OUTLINE]
 放射線の被ばくによって体細胞に起きた突然変異は、被ばく者本人が白血病やがんなどの疾患になることがあります(遺伝的影響)。一方、放射線によって突然変異が生殖細胞に生じるとすると、子どもや未来の人類への影響が懸念されますが(遺伝性影響)、現在のところ、それを示す確実な証拠は見つかっていません。
 本書では、放射線の遺伝性影響のリスクを、その基礎から詳しく考察します。。

[CONTENTS]
はじめに

1章 放射線と生物への作用
1 放射線とは/2 放射線の単位/3 放射線の生物への作用/4 放射線の遺伝子への作用/5 放射線による細胞死: アポトーシス/6 遺伝性リスク推定の目標

2章 遺伝の基礎
1 遺伝の基礎知識/2 遺伝性と遺伝的の相違

3章 遺伝性疾患
1 メンデル性疾患と染色体性疾患/2 多因子性疾患(先天異常と慢性疾患)/3 まとめ

4章 突然変異と遺伝子疾患
1 ヒトの突然変異率の代表値A/2 ショウジョウバエの誘発突然変異率B/3 マウスの突然変異率/4 倍加線量

5章 遺伝子障害(疾患)の集団遺伝学
1 疾患の集団遺伝学/2 疾患遺伝子の集団静力学

6章 遺伝子リスクの評価
1 放射線による遺伝性リスクを考える基準/2 突然変異成分/3 メンデル性疾患の突然変異成分/4 孤発例と突然変異成分/5 多因子性疾患の突然変異成分/6 放射線誘発突然変異率の評価-マウスからヒトへ/7 放射線誘発と考えられるヒトの遺伝性損傷/8 そのほかのデータ/9 生殖細胞への外挿と遺伝リスクの指標への関わり/10 マウスの単純縦列反復伸長とヒト生殖細胞のミニサテライトの誘発突然変異

7章 遺伝性リスクの推定
1 BEIR-V報告以後の進展について/2 リスク推定値の現状/3 広島・長崎の原爆被爆者の倍加線量/4 広島・長崎の原爆被爆者の調査

おわりに
参考文献
索引

[書籍の購入について]
この書籍を購入すると、PDFファイル(印刷不可)がダウンロード可能になります。PDFの閲覧には、お客様専用のパスワードが必要になります。Book Stackにログイン後、マイページにてご確認下さい。

[iPhone、iPad等ご利用のお客様]
PDFファイルは、iPhone、iPadのブラウザからも直接ダウンロード可能ですが、ファイルサイズが重い場合、エラーになる可能性もございますので、PC上でダウンロード後、iTunes経由でPDFファイルを転送し、iBooks等で閲覧下さい。


Copyright © 2017 株式会社 真興社