自然科学書を中心に、医学・理工学・建築・農学書等を含む
専門書籍の電子書籍販売サイトです。


立ち読み

立ち読み PDF

エントロピーから読み解く生物学

2,916円(税込)



書誌情報

ISBN-10:  
ISBN-13: 978-4-7853-7715-1
その他管理用ID/Code:  
出版社: 裳華房
著者名: 佐藤 直樹
所属:  
巻号:  
発行日: 2014-10-01
ページ数: 231


[OUTLINE]
 本書は、大学生を主な対象として、専門的な前提知識なしに、生物や生命について、新たな観点から考えなおす題材を提供することを目的としている。
副題の「めぐるcirculating」というのは、生命や人間社会の活動がサイクルをなしていることを指し、「めぐむcoupled」とは、それらのサイクルが、相互にエネルギーやものを供給しあっていることを示している。そして、無生物から、分子、細胞、個体、生態系、進化、あるいは人間社会などと、生命活動を構成する多数の階層のそれぞれにおいて、下の階層の勢いをもらって上位の階層が「わきあがるemergent」という「生命の勢い」の連鎖に思い至る。
 本書は、こうした生命の基本的かつ統合的な理解を目指し、生命の理解の仕方や生命科学の教育に、エントロピーという尺度を導入することで、生命のつながりのすべてを理解する新しい風を吹き込むことを期待している。

[CONTENTS]
はじめに

1.「生命」と「もの」
1・1 人間から考える/1・2 生命の神秘を解くには/1・3 本書の構成と展開

2. めぐる生命のリズムとサイクル
2・1 細胞周期/2・2 概日リズムと光周性/2・3 ライフサイクル

3. 細胞の中のめぐりめぐむ世界(1)遺伝子・代謝・酵素
3・1 めぐるDNA/3・2 めぐる代謝/3・3 酵素もめぐる

4. 細胞の中のめぐりめぐむ世界(2)エネルギーと運動
4・1 光合成と呼吸のめぐむ関係/4・2 多様なエネルギー獲得戦略/4・3 めぐる動き

5. サイクルと流れが織りなす発生と形態形成
5・1 多細胞化への道程/5・2 超細胞構造の温故知新/5・3 細胞を集合させるシグナル/5・4 多細胞生物も1 個の受精卵から/5・5「わきあがる」パターン形成と「めぐる」細胞

6. 体の中でめぐる循環系とシグナル伝達系
6・1 身体と循環/6・2 めぐる植物/6・3 サイクルは何のため?

7. 生態系:めぐりめぐむものと生き物
7・1 捕食系のサイクル/7・2 生き物の中の生き物ワールド/7・3 めぐる炭素/7・4 窒素もめぐる/7・5 栄養元素の循環と土のめぐみ

8. 人間とともにめぐる生態系
8・1 地球のエネルギー収支/8・2 海の循環と気候変動/8・3 ちょっと変な生態系ピラミッド/8・4 めぐりめぐむ人間社会

9. 世代をこえてつながる生命
9・1 輪廻転生と血のつながり/9・2 進化と遺伝情報/9・3 わきあがるヒトの進化

10. 地球と生命の共進化
10・1 地球と生命の歴史/10・2 宇宙とつながる生命

11. 生命の神秘から生命の秩序構造へ
11・1 パスツールと自然発生説の否定/11・2 自然認識は関係性の把握から/11・3 ベルクソンの「生命の勢い」説/11・4 シュレーディンガーの「負のエントロピー変化」概念/11・5 プリゴジンの散逸構造理論/11・6 目的論を見直す/11・7 積み重なる生命秩序

12. 部品からサイクルへ: 生命秩序とエントロピー差
12・1 生命のもう一つの科学を探す/12・2 生命のサイクルとエントロピー差/12・3 いろいろな顔をもつエントロピー/12・4 不均一性で秩序を表す

13. エントロピー差がめぐりめぐむ生命を生みだす
13・1 呼吸のエネルギーとエントロピー/13・2 すべての生命に「めぐむ」駆動力: 光合成反応の不思議/13・3 光が与える「めぐむ」力: 光化学反応で蓄えられるエントロピー差/13・4 エントロピー差とめぐむサイクル/13・5 めぐりめぐむ生命の基本単位モデル/13・6 代謝を越えて: めぐりめぐむ生命モデルの階層化

14.「不均一性」から考える生命世界と人間社会
14・1「不均一性」から考える生命の原理/14・2「不均一性」から考える豊かさ/14・3 自由と平等/14・4 めぐりめぐむ生と死/14・5 人間とは:生きがいを考える

おわりに
引用文献
索引

[書籍の購入について]
この書籍を購入すると、PDFファイル(印刷不可)がダウンロード可能になります。PDFの閲覧には、お客様専用のパスワードが必要になります。Book Stackにログイン後、マイページにてご確認下さい。

[iPhone、iPad等ご利用のお客様]
PDFファイルは、iPhone、iPadのブラウザからも直接ダウンロード可能ですが、ファイルサイズが重い場合、エラーになる可能性もございますので、PC上でダウンロード後、iTunes経由でPDFファイルを転送し、iBooks等で閲覧下さい。


Copyright © 2017 株式会社 真興社